朔望月手帖

朔望月手帖に記載している項目について、詳しく解説したページです。

 

二十四節氣

【二十四節氣】芒種(ぼうしゅ)

【二十四節氣】芒種 芒(のぎ)ある穀類 稼種する時なれば也こよみ便覧 芒(のぎ)とは稲や麦などの先にある針のような突起のことを言います。芒を持った作物を受け付ける時。という意味ですが、実際には稲は苗を田に植え、麦は冬作の収穫の...
二十四節氣

【二十四節氣】立夏(りっか)

【二十四節氣】立夏 夏の立つがゆへ也暦便覧 この日から立秋の前日までが夏となります。徐々に陽が長くなるのを実感したり、蛙の声が聞こえたりと夏の氣配が色濃くなります。 太陽黄経45度。旧暦四月巳の月の正節。暦の上での夏の...
二十四節氣

【二十四節氣】啓蟄(けいちつ)

【二十四節氣】啓蟄(けいちつ) 陽氣 地中に動き、ちぢまる虫、穴開き出れば也春の陽氣が増して、冬ごもりしていた地中の虫も外へ出てくる頃。暦便覧 キリヱ 「啓」はひらく、「蟄」は冬ごもりの虫を指します。 太陽黄経...
二十四節氣

【二十四節氣】雨水(うすい)

【二十四節氣】雨水(うすい) 陽氣地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧)気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる国立天文台こよみ用語解説 キリヱ 雨水の水は「命の根源」とされ、 雨水の日に雛人...
朔望月手帖

【令和4年版】二十四節氣・七十二候日付一覧

令和4年(令和5年)の二十四節氣・七十二候の日付一覧です。各節氣のリンクは詳細ページへのリンクとなっています。 春 立春4/202/4 東風解凍2/9 黄鶯睍睆2/14 魚上氷雨水2/192/19土脉潤起2/24霞始靆...
Products

【令和4年版】暦注について

暦注とは、暦の行事欄に記載された古来より伝わるその日その日の吉凶を示したものを指します。これは、日常をより充実させ幸せに暮らすために、凶事を極力避けて過ごせるように暦注として暦に記載されるようになりました。  古来よりの暦の暦注は上...
二十四節氣

【二十四節氣】立春

【二十四節氣】立春 春の気たつを以て也まだ寒さが厳しい日が続いているけれど、徐々に暖かく日脚は長くなっていきます。この日から立夏の前日までが『春』こよみ便覧 一年の最初の節氣で太陽黄経315度の時。旧正月寅の月の正節。...
朔望月手帖

【雑節】節分

元々、四立(立春・立夏・立秋・立冬)の前の日を指していた節分。現代では、立春の前日を指す日として残っています。 キリヱ これは季節の変わり目の中でも、一年のはじまりの「春」の前日で特に重要視されていたから。という説があります。 ...
Products

保護中: 【令和4年版】五節句・雑節一覧

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
二十四節氣

【二十四節氣】小寒

【二十四節氣】小寒(しょうかん) 冬至より一陽起るが故に陰氣に逆らう故益々冷る也こよみ便覧 この日より『寒の入り』冬至を過ぎ、寒さは益々厳しくなります。 太陽黄経が285度に達した時で、旧暦師走丑の月の正節です。...
タイトルとURLをコピーしました